商材選びにこだわってまつげエクステを楽しもう

今、もっとも熱い美容法と言われているのがまつげエクステで、テレビで活躍する芸能人やモデルたちもこぞって装着しているので、憧れの女性を習って、トライし始める女性も増加しているようです。まつげが強調されるだけで、目元はぐっと濃く際立ち、憂いのある表情を醸し出すので、美人度は格段にアップさせられます。特殊なグルーで装着するため、顔を洗っても取れないので、汗をかいても、涙が出ても、つけまつげやマスカラのように取れてしまう心配もありません。この利便性も高く評価されており、今や、年齢問わず虜になっている女性が多いようです。まつげエクステは、装着したてが最も美しくボリュームもあります。持続力を高める商材を使って、できるだけ付けたてを維持できるようにしましょう。

装着前にまつげの汚れをしっかりと落とす

マツエク装着において、もっとも重要だといわれている商材はグルーですが、どんなに高品質で持続力の高さを誇るグルーを使っていても、使い方が間違っていると、長持ちさせられません。自まつげに汚れや油分が付着していると、グルーの密着力を弱めてしまい、しっかりと装着できてもすぐに取れてしまいます。グルーを使う前に、専用の下処理剤を使って、まつげを綺麗な状態に整えておくことが大切で、このひと手間で持ちは大きく違ってきます。このときプライマーはしっかりと乾かしてから装着しないと、グルーは乾く前に水分に触れると白濁してしまうことがあるので、接着面が白くなってしまいます。エタノールを使う方もいますが、デリケートな目元には刺激が強すぎ、肌荒れも起こすのでやめましょう。

アフターケア商品をプラスして長持ちさせる

まつげエクステ装着後のケアでも、付けたての美しい状態を長持ちさせられるので、毎日スキンケアの一環で行う習慣をつけましょう。透明のマスカラのような形状のコーティング剤は、就寝や洗顔などで人工毛が倒れてしまったときに綺麗に整えられるので、持っていると便利です。コーティング剤は、グルーの接着面を強化する成分も入っていて、毎日補強できます。また、自まつげに栄養を与えることができるので、軸となるまつげがしっかり丈夫になり、エクステの持ちが良くなります。加えて、エクステ装着時には、まつげの生え際のクレンジングがしにくいため、汚れが付着したままにしてしまうと、肌トラブルを引き起こしてしまうので、専用のクレンジングで丁寧にメイク汚れを落とすようにしましょう。