神戸のクルージングデートで、ディナーの服装は?

   

憧れの豪華客船でのクルージング、世界一周とは言わないまでもランチクルーズなどで気軽に楽しむこともできます。何日もかけての優雅な船旅は「時間がたっぷりあり、経済的にもゆとりのある世代向け」とされていて、若い世代には難しいかもしれません。しかしリーズナブルで短期間の気軽なプランもできてますし、ランチクルーズやディナークルーズなどもあります。
宿泊を伴わない場合には、レストランでの服装はどうしたら良いのでしょうか?場違いな服装だと恥ずかしいですし、あまりに気張り過ぎていてもどうかと思うし、いろいろ気になりますよね。欧米のようにパーティ慣れしていないので、ドレスコードにはどうしても不慣れで困ってしまう人も多いでしょう。誕生日や特別な日に、神戸からのクルーズデートの服装について、ご紹介します。

ナイトクルーズでのドレスコード

レストランシップのランチクルーズなら、正装フォーマルで決める必要はありません。クルージングにはドレスコードが色々ありますが、ランチは特別な規定は無いのが普通です。カジュアル過ぎは少々問題かもしれませんが、スマートなカジュアル路線であれば昼食ならOKでしょう。でも夜のクルーズであれば、話は全く変わってきます。何日かの船旅の場合は、夕食はパーティ形式のことも多く、乗船イベントや船長主催のパーティなどではセミフォーマルやフォーマルの指定があるケースも多いです。
ただし宿泊を伴わないナイトクルージンクの場合は、高給なフランス料理のレストランへ行くようなイメージで考えてみてください。男性はスーツ着用でしょうから、女性もそれに準じたお洒落をしましょう。

特別な記念日デートなら、夜景に映えるドレス

カップルの記念日や、特別なデートイベントとして、豪華なレストランシップのディナークルーズは本当に素敵です。神戸からのナイトクルージングは、ロマンチックな神戸の夜景、大迫力の明石海峡大橋のレインボーカラーのライトアップなど、ムードあふれる特別な夜になります。
男性はダークスーツかタキシードでしょうから、女性は華やかなドレスを選んでください。手持ちのスーツやワンピースなら色の華やかなモノ、スカーフやアクセサリー類・ビジューやジュエリー類でドレスアップしましょう。キラキラした夜景に負けないように、自分では少し派手かも?と思うくらいの装いでもOKです。カクテルドレスや着物などの格の高いファッションも、特別な日の演出にはおすすめです。きっと忘れられない思い出になることでしょう。