持続力を高める商材を使ってまつげエクステを長持ちさせる

女性が憧れる、長く、太く、こしのある美しいまつ毛を実現させてくれるまつげエクステ、日本に上陸以来爆発的なヒットとなり、女性たちの間で話題に上っています。特殊なグルーを使って、自まつ毛に人工毛を貼りつけていくので、水やお湯でも取れませんが、さらに持ちを良くしたいならば、専用の下処理剤を使ってグルーの接着力を高めたり、装着後にコーティング剤で毎日ケアをするようにしましょう。こういった一手間で、装着したての、もっとも美しい状態を保つことができ、加えて、自まつ毛に与えるダメージを減らすことができます。自まつ毛が健康でなければ、当然、人工毛も装着できないので、希望するようなデザインに仕上げられなくなってしまいます。頻繁につけかえをすると、自まつ毛がどんどん傷んでしまうのです。

下処理剤を使って汚れを綺麗に取る

まつげエクステの持ちを良くさせるために欠かせない商材として、前処理に使用するプライマーがあります。自まつ毛に汚れや油分が付着していると、グルーの接着力を弱らせてしまうので、どれだけ完璧に装着しても、長持ちせずにすぐに取れてしまいます。専用のプライマーで優しく自まつ毛をぬぐい、しっかりと乾かしてから装着すると、さらに接着力が高まるので、必ず使用するようにしましょう。エタノールなどを使うと、刺激が強すぎて、デリケートな目元には適していません。かぶれを起こしてしまう方もいるので、肌に優しい処方となっている専用のプライマーを使うのがベストです。この時、毛羽立ちの多いコットンなどを使うと、自まつ毛に線維が残ってしまうので、専用のブラシや綿棒がお勧めです。

装着後にはコーティング剤を使おう

まつげエクステは、装着したてが一番美しい状態です。毎日行う、洗顔やメイクアップ、クレンジングといった様々な動作により、人工毛が倒れてしまったり、歪んでしまったりするので、専用のコーティング剤を使って、毎日のスキンケアの一環として、人工毛を綺麗に整えるようにしましょう。持続力を高めるためには欠かせない商材で、アイラッシュサロンでの店販商品でも、必ず勧めているもので、アフターケアには欠かせません。このコーティング剤には、自まつ毛を育てる成分も配合されているので、自まつ毛を強くしてくれます。人工毛がしっかりと安定するには、自まつ毛が元気であることも大切なので、毎日のケアには最適です。また、グルーの接着面を強化させてくれるので、時間が経ってもはがれにくくしてくれます。